――――――――――――――――――――――――――――――
ホームページ『レフティやすおの左組通信』から―
(初出)2003.12(最終)2004.4.8

 *2018年1月3日 一部加筆修正
 *2018年1月11日 「14年後の解説」(別ページ)
――――――――――――――――――――――――――――――

左利きを考える―レフティやすおの左利き私論―はじめに


【3 左利きの活動を始めよう 】

従来、左利きの人々はその問題を個人のものとして対処して来ました。
しかしそれだけでは、改善できないものが多くあるのです。
真にこの社会を左利きの人も含めて万人に優しいものに変えてゆこうとするならば、問題を感じている人一人一人がそれぞれに不都合な事柄を発表し合い、改善すべき点を明らかにした上で、社会全体で検討し、問題点を改めていかなければなりません。

左利きは左利きに都合の悪い点を右利きの人たちに示してゆかなければいけません。
右利きの人には想像できないような問題が必ずあるからです。
私たち左利きのものにしか理解できないようなレベルの問題があるのです。
それらを明らかにすることで、初めて改善への道が開けるのです。

だからどのような些細なものであれ、左利きの人は思いつくことのすべてを打ち明けてゆくべきだと思います。
世に知らしめる義務があると思うのです。

また、左利きが少数派であるがゆえに目にする機会が少ないがために、右利きの人たちが感じるのであろう、「何かが違う」という「違和感」「不思議さ」
それから発展して自分とは異なるものに対する「不信感」「胡散臭さ」
さらに昂じて自分たちの存在を危うくさせるものではないかという「疑心」
そしていつしかそれらは「悪意」というものに変容していくのかもしれません。
そういう「偏見」を形作る要素を取り払う意味でも、左利きが特殊なものではないという事実を明らかにさせなければならないと思うのです。

右利きの人の知らない、わからないであろう左利きの姿というものを左利きの人自らが明らかにしてゆくべきだと思うのです。

組織されない少数派のサイレント・マイノリティーとして社会の中で埋没していた左利き、画一的な型にはまった考え方しかできず頭の固い右利き人間にはない、弱者ゆえに人の痛みのわかる柔軟な対応性を持つ(であろう)私たち左利きこそ、二十一世紀を迎えた今、この社会をより良いものに変えてゆくための資格を持つ集団のひとつだと思います。

私たち左利きは社会の一員としてこの重要な役割を果たさなければならないと考えます。
左利きの問題を明らかにすることが、ひいては単に左利きの人権を守ることのみにあらず、広く世の為になる行為となるのです。

左利きの人たちへ――
「大いにその意見を述べようではありませんか」