左利きライフ研究家レフティやすおの左組通信ブログ

2016年に消失したホームページ『レフティやすおの左組通信』に代わるものとして、左利きライフについて、及び読書や本の話題、ベランダ園芸、その他あれこれについて書いてゆきます。

自動改札機

左利きの問題を知ろう/左利き私論―はじめに(2)

――――――――――――――――――――――――――――――
ホームページ『レフティやすおの左組通信』から―
(初出)2003.12(最終)2004.4.8

 *2018年1月3日 一部加筆修正
 *2018年1月9日 「14年後の解説」(別ページ)
――――――――――――――――――――――――――――――


【2 左利きの問題を知ろう 】

では、「右利き偏重社会」における「左利きの問題」とはどういうものでしょうか。


 ●(1)物理的バリア

一つは、手にする道具や機械、あるいは生活や作業をする家および施設における設備や構造の多くが右利き仕様であるという、道具のようなものや環境といった“物的”なハード面の問題です。

道具類は近年いくつもの企業が左利き用品を製造販売するようになり、個人で解決できるようになって来ました。
まだまだ品種、品質、デザイン、価格など不満な点はありますが、改良されてきています。

しかし基本的には、左右共用可能なものはでき得る限り、共用化を進め、それが不可能な使う手を限定する道具においては、右利き用と同一価格で一定の比率の数量(例えば全体の一割以上)の左利き用を製造販売しなくてはならない、といったルールを設けるなどの社会全体のバックアップが必要ではないでしょうか。

施設面では、左利きの人にも不都合にならない設計を考える(例えば、両方に投入口の付いた自動改札機。役所や銀行の窓口の受付で申し込み用紙に記入するためのペンを用意しているがこのペンに紐をつけない、あるいはつけるなら紐を長くして左利きの人が困らないようにする)。
それが難しい場合は、一方的にどちらかが不利になることのないように、右にまわったり左にまわったりするような設計にするなどの工夫が必要でしょう。


 ●(2)心理的バリア

もう一つは、左利きに対する右利きの人たちの「偏見」あるいは無理解が生む、心のバリア(barrier/障碍、障壁)の問題です。

左利きに対する「偏見」を持った人がまだまだいます。
左利きは脳にある障碍が原因で起こると考える人がいます。
脳神経学的に見れば決してまちがっているとは言いきれない学説ですが、一般に言われる意味は必ずしもそういう学問的な意味合いではないと考えられます。
単なる中傷でしかありません。

また自分と異なる仕草振舞いのみを取り上げて、その違和感から左利きを「気持ち悪い」と毛嫌いする人がいます。
個人の好悪にすぎません。

あるいは左利きの人の字の書き方を見て「おかしい」と言う人がいます、左利きには左利きの書き方があるということを理解していないのです。
ただの無知、無理解です。

右利きと左利きの違いとは何かを理解していない人が多いのです。
利き手が違うとはどういうことか、利き手が違えば生活する上で何がどう違ってくるのか、大部分の右利きの人は何も知りません。
想像したことさえない、というのが真実でしょう。

未知のものに対する恐怖というものは、人間なら誰もが持っている根源的な感情です。
そういう気持ちが左利きに対しても無意識に働いているのかもしれません。しかしそれでは原始人となんら変わりません。

左利きに対するもうひとつの偏見は、左利きはこの現実の社会においては不利だ、というものです。
「右手が使えないと損をする。
 他の子と違うと子供がかわいそう。
 だから本人が大きくなってから困らないために、右手を使えるようにしてやるのが、大人の義務だ」
――と考える人がいます。
いわゆる「矯正」(かつて半ば強制的に箸使いや字を書くことなどを右手使いにさせることをこう呼んだ)の問題です。
左利きを右利きに直してやろう、というわけです。

確かに不利なこと、不便なことが多いのは事実です。
しかし、左利きの人はその時の気分で左手を使っているのでもなければ、親や社会に反発して困らせてやろうと左手を使っているのでもありません。
それがその人にとっての自然な性質にも基づく行為であるにすぎないのです。

何も強情を張っているのでもなければ、肉体的に劣っているわけでもないのです。
右手の代わりに左手を使っているにすぎません。
それは北半球で台風が左巻きであるのに対して、南半球では右巻きになるのと同じ違いです。
本質は何一つ変わりません。

とはいえ、さすがに左利きは生まれつきのものであるという考えが浸透して、何が何でも右利きに変えようという、かつては「矯正」と呼ばれた行為はなくなってきました。
しかし依然として、字は右手で書くものだ、左手で箸を使うのは見てくれがよくない、といった理由を挙げてこれらの行為に関しては左手使いをやめさせるべきだと考える人たちがいます。

これらの行為も本来はなんら問題にはならないものです。
見栄えの良し悪し、美醜の感覚はものさしによって変わるものですし、右手使いの人が皆美しい字を書いている、箸使いがきれいとは限りません。
左手使いでも美しい所作の人がいます、きれいな読みやすい字を書く人がいます。

これらの問題も所詮は、右利きの人の優越感の表明にすぎません。

現代における成熟した社会は、多様な価値観を認め、自由と平等の下に築かれるものです。
左利きには左利きの権利があります(しかしそれは決して「right/右、正しい、権利」ではないはずです)。

左利きだから、という理由で差別されることがあってはならないのです。
左利きだから、と圧力をかけられることがあってはならないのです。
真の民主的な社会にあっては。大人であれ子供であれ。

左利きの人が疎外感を感じることのない世の中になってほしいものだと思います。
 



【14年後の解説】━左利きの現状を見よう/左利き私論―はじめに(1)━


上記の文章は、2004年に書いたものです。

14年を経ても「左利きの現状」は、残念なことにあまり変化はありません。

大勢は、確かに左利きを忌避する傾向が減り(一部では「左利きフェチ」といった人が増えているといいます)、「左利きは左利きのままで」という子育てが浸透してきています。
また、左手・左利き用品もかなり普及し、特に子供用左手ハサミに関しては、左右平等がかなりのところまで進んでいます(まだまだデザイン等でハンディはありますけれど)。


しかし、上記の文章に例として挙げているもので言えば、自動改札機は、定期券やカード類はかざせばいいだけのタッチ方式になっている点のみが「進歩」です。

スリットに挿入する方式から比べれば、かざすだけのタッチ式は確かに「進歩」ですが、依然「向かって右側の一定の場所に」という大枠に変化はありません。
また、切符はスリットに挿入する方式のままで全く変化はありません。

乗車券の検知装置が左右に設置された機械は登場していません。
また、一定の割合で「左用」の自動改札機が導入されている、という話も聞きません。
十年経とうが二十年経とうが……、というところです。


書字に関しては、今でも一部には「右手使いを良し」と考える人たちがいます(主な理由は、「右手で書くのが作法だから」や「見栄えがよろしくない」というものから、「字は右手で書きやすくできている」に変化していますが)。

義務教育の現場では、毛筆においても右手使いを強要することはなくなったようです。
左手書きの研究も始まっているようで、いくつかの論文が散見できます。


総じて言いますと、パーソナルの分野ではかなりの進歩が見られるものの、社会的な環境ではまだまだ「右利き優先」の「右利き偏重社会」であることに変わりはありません。

それに楔を打ち込もうという左利き認知普及活動も、さほど見られません。

(1)左手・左利き用品を常時展示販売している文房具店・神奈川県相模原市の「菊屋浦上商事」

(2)2007年から8月13日の「国際左利きの日」に、箸を右向きに置く運動を続けている「レフチャス」

ぐらいのものでしょう。

一部のSNSで左利きのコミュニティをつくっているところもあるようですが、一般に開かれたものではなく、社会全体へのアピール度は低いように思われます。

後は、我田引水になりますが、
2003年のクリスマスから始めた、「左利き」をメインテーマにした私のブログ『レフティやすおのお茶でっせ』
2005年から始めて13年目に入る、私のメルマガ『左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii』
ですね。


書籍では、2009年に、イギリスの「レフトハンダーズ・クラブ」を主宰する(自身左利きで左利きの子を持つ母でもある)ローレン・ミルソムさんの著書の翻訳、左利きの子育てガイド

(a)『左利きの子 右手社会で暮らしやすくするために』(ローレン・ミルソム/著 笹山裕子/訳 東京書籍 2009.4)

が出版されている点は、特筆すべきでしょう。
(ちなみに、巻末資料の作成には私も協力しています。)


他にも、左利き関係の本がいくつか出版されています。
中でも注目すべきものは以下の通りです。

日本の左利き・利き手研究の権威・八田武志さんの
(b)『左対右 きき手大研究』化学同人(DOJIN選書 18) 2008.7.20

イギリスの利き手・左利き研究の権威 クリス・マクマナスさんの
(c)『非対称の起源 偶然か、必然か』大貫昌子/訳 講談社ブルーバックス 2006.10

左利きの科学ジャーナリストが左利きの謎に挑み世界を駆けるサイエンス・ノンフィクション(日本での左利きゴルフ大会や日本人研究者も登場)
(d)『「左利き」は天才?―利き手をめぐる脳と進化の謎』デイヴィッド ウォルマン/著 梶山 あゆみ/訳 日本経済新聞社 2006.7

右利き偏重社会での左利き生活の不便さを語る
(e)『左利きの人々』渡瀬 けん/著 中経の文庫 2009.1

左利きの元教師が自身の書字「矯正」体験と左に戻した体験を通して、左利きの「矯正」に反対する本
(f)『ぼくは左きき 本当の自分であるために』度会金孝(わたらいかねたか)著 日本機関紙出版センター 2014/12/18


------------------------------------------------------------------------
*【左利きを考える―レフティやすおの左利き私論―はじめに】


「レフティやすおの楽しい読書」メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除
 
「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」メルマガ登録・解除
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 【14年後の解説】━左利きの問題を知ろう/左利き私論―はじめに(2)━
  • 【14年後の解説】━左利きの問題を知ろう/左利き私論―はじめに(2)━
  • 2018(平成30)年、明けましておめでとうございます!