左利きライフ研究家レフティやすおの左組通信ブログ

2016年に消失したホームページ『レフティやすおの左組通信』に代わるものとして、左利きライフについて、及び読書や本の話題、ベランダ園芸、その他あれこれについて書いてゆきます。

偏見

左利きの活動を始めよう/左利き私論―はじめに(3)

――――――――――――――――――――――――――――――
ホームページ『レフティやすおの左組通信』から―
(初出)2003.12(最終)2004.4.8

 *2018年1月3日 一部加筆修正
 *2018年1月11日 「14年後の解説」(別ページ)
――――――――――――――――――――――――――――――

左利きを考える―レフティやすおの左利き私論―はじめに


【3 左利きの活動を始めよう 】

従来、左利きの人々はその問題を個人のものとして対処して来ました。
しかしそれだけでは、改善できないものが多くあるのです。
真にこの社会を左利きの人も含めて万人に優しいものに変えてゆこうとするならば、問題を感じている人一人一人がそれぞれに不都合な事柄を発表し合い、改善すべき点を明らかにした上で、社会全体で検討し、問題点を改めていかなければなりません。

左利きは左利きに都合の悪い点を右利きの人たちに示してゆかなければいけません。
右利きの人には想像できないような問題が必ずあるからです。
私たち左利きのものにしか理解できないようなレベルの問題があるのです。
それらを明らかにすることで、初めて改善への道が開けるのです。

だからどのような些細なものであれ、左利きの人は思いつくことのすべてを打ち明けてゆくべきだと思います。
世に知らしめる義務があると思うのです。

また、左利きが少数派であるがゆえに目にする機会が少ないがために、右利きの人たちが感じるのであろう、「何かが違う」という「違和感」「不思議さ」
それから発展して自分とは異なるものに対する「不信感」「胡散臭さ」
さらに昂じて自分たちの存在を危うくさせるものではないかという「疑心」
そしていつしかそれらは「悪意」というものに変容していくのかもしれません。
そういう「偏見」を形作る要素を取り払う意味でも、左利きが特殊なものではないという事実を明らかにさせなければならないと思うのです。

右利きの人の知らない、わからないであろう左利きの姿というものを左利きの人自らが明らかにしてゆくべきだと思うのです。

組織されない少数派のサイレント・マイノリティーとして社会の中で埋没していた左利き、画一的な型にはまった考え方しかできず頭の固い右利き人間にはない、弱者ゆえに人の痛みのわかる柔軟な対応性を持つ(であろう)私たち左利きこそ、二十一世紀を迎えた今、この社会をより良いものに変えてゆくための資格を持つ集団のひとつだと思います。

私たち左利きは社会の一員としてこの重要な役割を果たさなければならないと考えます。
左利きの問題を明らかにすることが、ひいては単に左利きの人権を守ることのみにあらず、広く世の為になる行為となるのです。

左利きの人たちへ――
「大いにその意見を述べようではありませんか」
 



左利きの問題を知ろう/左利き私論―はじめに(2)

――――――――――――――――――――――――――――――
ホームページ『レフティやすおの左組通信』から―
(初出)2003.12(最終)2004.4.8

 *2018年1月3日 一部加筆修正
 *2018年1月9日 「14年後の解説」(別ページ)
――――――――――――――――――――――――――――――


【2 左利きの問題を知ろう 】

では、「右利き偏重社会」における「左利きの問題」とはどういうものでしょうか。


 ●(1)物理的バリア

一つは、手にする道具や機械、あるいは生活や作業をする家および施設における設備や構造の多くが右利き仕様であるという、道具のようなものや環境といった“物的”なハード面の問題です。

道具類は近年いくつもの企業が左利き用品を製造販売するようになり、個人で解決できるようになって来ました。
まだまだ品種、品質、デザイン、価格など不満な点はありますが、改良されてきています。

しかし基本的には、左右共用可能なものはでき得る限り、共用化を進め、それが不可能な使う手を限定する道具においては、右利き用と同一価格で一定の比率の数量(例えば全体の一割以上)の左利き用を製造販売しなくてはならない、といったルールを設けるなどの社会全体のバックアップが必要ではないでしょうか。

施設面では、左利きの人にも不都合にならない設計を考える(例えば、両方に投入口の付いた自動改札機。役所や銀行の窓口の受付で申し込み用紙に記入するためのペンを用意しているがこのペンに紐をつけない、あるいはつけるなら紐を長くして左利きの人が困らないようにする)。
それが難しい場合は、一方的にどちらかが不利になることのないように、右にまわったり左にまわったりするような設計にするなどの工夫が必要でしょう。


 ●(2)心理的バリア

もう一つは、左利きに対する右利きの人たちの「偏見」あるいは無理解が生む、心のバリア(barrier/障碍、障壁)の問題です。

左利きに対する「偏見」を持った人がまだまだいます。
左利きは脳にある障碍が原因で起こると考える人がいます。
脳神経学的に見れば決してまちがっているとは言いきれない学説ですが、一般に言われる意味は必ずしもそういう学問的な意味合いではないと考えられます。
単なる中傷でしかありません。

また自分と異なる仕草振舞いのみを取り上げて、その違和感から左利きを「気持ち悪い」と毛嫌いする人がいます。
個人の好悪にすぎません。

あるいは左利きの人の字の書き方を見て「おかしい」と言う人がいます、左利きには左利きの書き方があるということを理解していないのです。
ただの無知、無理解です。

右利きと左利きの違いとは何かを理解していない人が多いのです。
利き手が違うとはどういうことか、利き手が違えば生活する上で何がどう違ってくるのか、大部分の右利きの人は何も知りません。
想像したことさえない、というのが真実でしょう。

未知のものに対する恐怖というものは、人間なら誰もが持っている根源的な感情です。
そういう気持ちが左利きに対しても無意識に働いているのかもしれません。しかしそれでは原始人となんら変わりません。

左利きに対するもうひとつの偏見は、左利きはこの現実の社会においては不利だ、というものです。
「右手が使えないと損をする。
 他の子と違うと子供がかわいそう。
 だから本人が大きくなってから困らないために、右手を使えるようにしてやるのが、大人の義務だ」
――と考える人がいます。
いわゆる「矯正」(かつて半ば強制的に箸使いや字を書くことなどを右手使いにさせることをこう呼んだ)の問題です。
左利きを右利きに直してやろう、というわけです。

確かに不利なこと、不便なことが多いのは事実です。
しかし、左利きの人はその時の気分で左手を使っているのでもなければ、親や社会に反発して困らせてやろうと左手を使っているのでもありません。
それがその人にとっての自然な性質にも基づく行為であるにすぎないのです。

何も強情を張っているのでもなければ、肉体的に劣っているわけでもないのです。
右手の代わりに左手を使っているにすぎません。
それは北半球で台風が左巻きであるのに対して、南半球では右巻きになるのと同じ違いです。
本質は何一つ変わりません。

とはいえ、さすがに左利きは生まれつきのものであるという考えが浸透して、何が何でも右利きに変えようという、かつては「矯正」と呼ばれた行為はなくなってきました。
しかし依然として、字は右手で書くものだ、左手で箸を使うのは見てくれがよくない、といった理由を挙げてこれらの行為に関しては左手使いをやめさせるべきだと考える人たちがいます。

これらの行為も本来はなんら問題にはならないものです。
見栄えの良し悪し、美醜の感覚はものさしによって変わるものですし、右手使いの人が皆美しい字を書いている、箸使いがきれいとは限りません。
左手使いでも美しい所作の人がいます、きれいな読みやすい字を書く人がいます。

これらの問題も所詮は、右利きの人の優越感の表明にすぎません。

現代における成熟した社会は、多様な価値観を認め、自由と平等の下に築かれるものです。
左利きには左利きの権利があります(しかしそれは決して「right/右、正しい、権利」ではないはずです)。

左利きだから、という理由で差別されることがあってはならないのです。
左利きだから、と圧力をかけられることがあってはならないのです。
真の民主的な社会にあっては。大人であれ子供であれ。

左利きの人が疎外感を感じることのない世の中になってほしいものだと思います。
 



「レフティやすおの楽しい読書」メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除
 
「左利きで生きるには 週刊ヒッキイhikkii」メルマガ登録・解除
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • 【14年後の解説】━左利きの問題を知ろう/左利き私論―はじめに(2)━
  • 【14年後の解説】━左利きの問題を知ろう/左利き私論―はじめに(2)━
  • 2018(平成30)年、明けましておめでとうございます!